仙台ゆりが丘 MARIAGE UNE VILLE

Wedding Report - Le Trianon
ウェディングレポート [ 迎賓館 ル・トリアノン ]

2015.10.25
佐藤 壮一様・麗様
迎賓館 ル・トリアノン

Q. 会場見学の際、重視したことは?

式場スタッフの熱意

Q.ゆりが丘に決めた理由は?

鮮やかなステンドグラスの大聖堂
信頼できるウェディングプランナーさんとの出会い

Q.お二人のこだわりやテーマはありましたか?

ゲストへの感謝の気持ちを表現すること。
思い出の映画「ビッグ・フィッシュ」の黄色い水仙の花畑をイメージした、あたたかいコーディネート。

Q.準備期間でのおふたりのエピソードや感想をお願いします。

一つの準備を終えても「もっと出来ることはないか?」と、直前まで“出来ること”を探し続けました。結果、3本のオリジナルムービー、2つのウェルカムボード、ゲストひとりひとりへのメッセージカードを作成出来ました。今振り返っても、悔いのない、納得のいく準備が出来たと感じています。

Q.ゲストの反応が良かったことは何でしたか?

式場スタッフの接遇。料理の質と量。素敵な衣裳。披露宴の演出。
多くのゲストから「いい結婚式だったね」という言葉をいただけたことが、何より嬉しかったです。

Q.当日印象に残っていることは?

どのシーンも忘れられない場面ばかりですが、親族紹介と新郎から新婦へのサプライズが特に印象に残っています。
親族紹介では、今日まで育て見守ってくれた家族・親族が一同に会する光景に、胸が熱くなりました。
サプライズでは、出会いからの思い出をまとめたムービーと、参列できなかったゲストからのメッセージ、突然のギター弾き語りに、驚きと感激で涙が溢れました。

Q.後輩カップルへのアドバイスを一言!

新郎
安心してください、当日は楽しめますよ!
前日まで全力で準備し、当日は全力で楽しんでください。

新婦
マリアージュアンヴィラのスタッフの皆様は、新郎新婦の夢や希望を叶えるために、全力を尽くしてくださる頼もしい方々ばかりですので、信じて準備を頑張ってくださいね。

Q.その他、ご感想があればぜひお聞かせ下さい。

結婚式の主役は新郎新婦ではありますが、そこには感謝を伝えたい家族の存在、足を運んでくれる親族、同僚、友人の存在、裏方として支えてくれる式場スタッフの存在があります。全ての方々の目線に立ち「嬉しい」や「楽しい」と思える何かを準備出来れば、より良い時間を過ごせると信じています。
そして当日は何よりも、誰よりも自分たちが楽しむこと。その喜びの感情がきっとゲストの方々にも届くと思います。


MENU